うしくんのまったり日記

猫とインコのいる暮らしを綴ります。 ちょこっとアートもお楽しみに~♪



未だ、ピリピリ感拭えず・・・ :: 2017/04/01(Sat)


こんにちは。

神経質モードの彰太郎。

寛ぎに実家に帰って来た娘・・・。
可哀想なことにまだ安心できない日々が続いています。


「猫の威嚇、攻撃」で調べてみると
猫側にはそれなりの理由があるようで
やはり今回のは、テリトリーを侵されたと思い込んだことが
原因のような気がします。


玄関を出入りする時や、大きな物を持って入ってくる時など
娘だけでなく、主人が入ってくる時にも警戒しているようです。

目を合わせない、無視をする、静かに移動する・・・などを徹底して
無害な人間だと分からせる。
なにか作業する時は、戸を閉めて居住空間を分断する。
・・・という感じでやっています。


皮膚炎が完治した後の彰太郎は驚くほど活発になっていて
おもちゃでもよく遊び、下手すると小さい頃よりアクティブに動いています。
おもちゃを狙うときの様子も結構本気で、
なんだか神経が研ぎ澄まされているような感じとでも言いますか・・・
勘が強いといいますか・・・

ちょうどそんなタイミングにぶつかってしまったのでは・・・?
なんて思ったりもします。



2週間前には、こんなこともしていたのに (うしを抱く長女)

003_20170401150113a90.jpg




長女は今回の少し長い帰省中、作品を仕上げたり
インターネット授業の講師をしたり・・・
家でやることが結構あるのに・・・、本当に困ったものです。



どうか、いる間になんとか前の状態にもどりますように・・・



こんなふうにね・・・


にほんブログ村


  1. ushikun-mama
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ブルーな日々・・・(涙) :: 2017/03/29(Wed)


3月も残すところ あと2日・・・

お花見の計画など考えたりして、楽しい季節のはずですが・・・



実は今、我が家にはどよ~~んとした空気が流れています。
その原因は彰太郎

5日ほど前、 突然 彰太郎が長女に凄い威嚇をしました。
今は、少し落ち着いて来ているようではありますが
耳が娘の動きを追っていて、ピリピリムードが漂っています。
長女一人で彰太郎と留守番はさせられないな~・・・という感じです。

次女も長年被害に会ってきていて、
社会人になって家を出た後
帰省してきた次女に対して威嚇をするように・・・

それは、「遊び相手だったのにどうしていなくなったの!?」という気持ちの
現れだったと思うのですが・・・

長女に対しては、そんなこと今まで一度も無かったので
本当に困惑してしまいます(汗)
考えられるのは、私の寝室を長女に使ってもらっていたこと。
(彰太郎はいつもこの寝室のベッドで私と寝ていました)

001_20170316195104c19.jpg

娘の荷物を置く為に、彰太郎の隠れ家ダンボールも別の場所に移動させたので
多分、自分が落ち着ける場所が占領されたと思って
ストレスを溜めていたのでしょう・・・
ちょっとしたことでスイッチが入り、本気の威嚇をしてきました。


いつも、おっとりしたイメージの彰太郎ですが
実は昔から、神経質で小心者。
怖い・・・と思った瞬間に手が出てしまうことがあるのです。
友人やお客さんに怖い思いをさせたこともあります。


私(おかあさん)だと思ったら違う人が現れた・・・という場面に
パニックになることもあります。
私が甘やかし過ぎたのかもしれませんね・・・


彰太郎のことが大好きで癒されに帰ってくる娘達・・・
今回は、長女も次女も足首に引掻き傷をつけられ
本当に可哀想なことをしました


今日はこんな姿で寛いでいたし・・・
早く元通りになってくれることを祈るばかり・・・

1490754077804.jpg



いちごに癒される長女

1490754118494.jpg



帰国当初はこんな雰囲気だったのに~・・・(涙)

_20170316_145907.jpg


皆さんは、こんな経験ありますか?






ボクにもどうしてか分かりませんのだ・・・


にほんブログ村

  1. ushikun-mama
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
おかえり~! :: 2017/03/16(Thu)


大きい方のお姉ちゃんが帰って来ました。

久し振りな気がします・・・

1489532257557 (3)




このお荷物、ちょっと外国の匂いがしますよ。

001_20170316195104c19.jpg



クシャミが出るくせに、やたらとボクに近寄って来るんです・・・

_20170316_145907.jpg



・・・ということで、今フィレンツェから長女が一時帰国しています。
明後日には次女も東京からやってくる予定で
久し振りに家族4人が揃うことに~!(^^)

今回は少し長く滞在できるので、
桜の季節も堪能して帰れそうです


彰太郎は、最初ちょっとだけ遠巻きで見ていたのですが
すぐに思い出したようで、普段通りの彰太郎に・・・

次女が来たらどんな感じになるのか、
ちょっとドキドキ・・・わくわくです(^^;

仲良く遊んでもらってね~。




おねえちゃんの名前って、なんだっけ・・・? 忘れた。


にほんブログ村

  1. ushikun-mama
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
怪我の功名・・・?(^^; :: 2017/03/07(Tue)


春らしくなったかと思えば、今日は一転真冬の寒さ・・・

002_201703071513169ab.jpg

でも、確実に春は目の前です



ところで、我が家の繊細でナイーブなお猫様・・・彰太郎には
たまに可笑しな行動が見られます。

それは汚い話ですが、排便の後に起こります(^^;
下痢気味のときや
異常に沢山出たとき
そして、う○ちの切れが悪いときなど・・・

そんな時は決まってトイレから逃げるように飛び出し、
凄い勢いで走り回ります。
なにが起きたの~~~!?というくらい。


実は昨日も、バタバタとう○ちを蹴り出しながらトイレから飛び出てきて
ダイニングテーブルの椅子やソファにも飛び乗りながら
家中走り回りました。

そのうち入り込んだところがここ・・・(^^;

019_2017030715132027b.jpg


ポッドに入るとき、お尻から紐状のものが出ているのが見え
パニックの原因が分かりました。

お尻からピロ~って下がっていたのは
観葉植物アレカヤシの長い葉っぱでした(笑)

数日前、お腹が空いてきて葉っぱを食べたがったので
ちぎって食べさせたものが消化せずに出てきたようです。
長いままあげたのが良くなかったかな・・・(汗)

それでも、余裕で入って寛げることが分かったので
私にしたら「怪我の功名」・・・かな?(笑)


まさか、こんなタイミングで入ってくれるとは・・・

021_20170307151335d2c.jpg



なかなかいいフィット感でしょう

020_201703071513213fc.jpg

でもこの時はまだお尻に挟まったままなのです。 あはは・・・(^^;



昨日、フェルト繋がりでこんなオモチャを作ってあげましたよ!

017_20170307151318c29.jpg



フェルトボール 

016_20170307151317a61.jpg

大喜びで、転がして遊んでくれていますよ~。

フェルトポッドもフェルトボールも大いに活用してねー!!



葉っぱを引っ張り出す前のお尻をパチリ! うしくん、ごめん・・・(^^;

023_201703071513370e6.jpg




「お尻だいじょうぶ?」 「まあまあ大丈夫・・・」


にほんブログ村

  1. ushikun-mama
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
3月3日 :: 2017/03/03(Fri)


004_2017030323431016c.jpg


我が家に来て26年になる雛人形・・・
橘と桜がすっかり色褪せてしまいました。

来年は、橘と桜だけでも新しいものにしようかと思います。





下の写真は26年前・・・
長女が3歳で次女が1歳2ヶ月の時のものです。
来たばかりのお雛さまと写る娘たち。

3/3生まれの長女は雛まつりと誕生日が一緒。
バースデーケーキのロウソクの火を吹き消し
誕生日プレゼントをもらった 楽しげな長女とは対照的に

転んだ拍子に、お風呂上りに髪を梳かすのに使った
プラスチック製のブラシが鼻の下に刺さる・・・という
気の毒な災難に見舞われた次女・・・

008_20170303234310a26.jpg



この写真撮影の後、ごはんを食べながら
泣き疲れてテーブルに突っ伏して寝てしまいました(^^;

009_20170303234311c2e.jpg

なんとも懐かしい ひな祭りの思い出です。



出すのが遅かったので、もう少し飾っておこうかと思っていた雛人形でしたが

「今日中に片付けるんでしょ・・・?」という主人の忠告により、仕舞いました~。

二人共ちゃんとお嫁に行けますように・・・




それにしても時の経つのは本当に早い・・・



ボクだってもうすぐ7歳だもん!


にほんブログ村

  1. ushikun-mama
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
前のページ 次のページ